スケジュール共有などの経費生産ソフト|みんな使える便利ソフト

経理会計管理にITシステムの導入

経費精算の方法

紙の精算書に手書き

経費精算の方法は実に様々です。
最もオーソドックスで、昔から使われているのが紙の精算書に手書きで報告する方法です。
多くの企業では都度行なうのではなく、週や月1回の締め日などを決めて、それまでの期間で使った経費を精算して貰います。
紙の精算書の場合、経費を使う頻度が高い人だとかさばってしまい、他の書類に紛れるというリスクもあります。
また中には字が読みにくいといった事もあり、不便な面も多いです。

エクセルの精算書

エクセルの精算書を印刷して締め日に提出するという方法を取る企業も多いです。
いつ利用したか、またいくらだったか、店舗名などを記入するもので、印刷した後に利用したレシートや領収書などを別添で提出する事も多いです。
エクセルを使っているので必要項目をしっかりと埋めて書いてくれる人も多く、便利です。
関数やマクロを利用する事でチェックも紙ベースの申請書に比べるとやりやすいという特徴があります。
紙ベースでの申請もそうですが、多くの人が締め日に一気に出すので仕事が一気に増えるという点は人事や経理などの精算チェックを行なう人にとって大変な面です。

システムで申請

経理精算ソフトやシステムを導入する企業も最近では増えています。
多くの人数、また高額に登る経費精算が必要な大企業はもちろん、実は中小企業でもコストを抑えて使う事が出来る場合が多いです。
繁忙期における経理や人事などの業務担当者の作業負担を軽減してくれ、より正確なチェック機能があるので非常に効率的です。

  経費について

経費精算などで利用している経費という言葉。会社が出してくれるお金というように理解している人も多いです。経費だと税金の控除対象になるので、経費を支払う事で会社は税金を少なくする事が可能です。

  経費科目

経費として勘定できる科目は限られています。経費精算を行なう時は今一度、経費のどの科目に入っているのか意識する事が大切です。旅費交通費として使われる金額や、通信費、会議費や交際費などがあります。

  経費精算システムとは

経費精算システムは今や様々な企業で利用されています。経費申請を行なう従業員自身はもちろん、承認する部門長や最終的に確認作業を行なう経理や人事担当者、メリットのあるシステムの導入の例

ASPとパッケージ

経費精算システムを選ぶ際に良く耳にするASPやパッケージといった言葉、それぞれのシステムに特徴があり、特徴によって向いている事業所があります。ASPとパッケージの違い。

様々な社内システム

業務の効率化として経費精算をシステム化するのは良い事です。最近では様々な社内システムがあり、便利に活用する事で社内全体の仕事の流れがスムーズに進みます。様々な社内サービス。